商品検索&価格比較サイト

久松 かめ

通販 32 件

通販の検索結果

常滑焼 漬物容器 日本製 3号かめ5.4リットル 味噌 梅干しに常滑焼 漬物容器 日本製 3号かめ5.4リットル 味噌 梅干しに6,91014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
常滑焼
商品説明
梅干し、味噌が約3kgできます。直径247mm高さ245mm
安心安心の日本製、常滑焼。
環境ホルモンが出ません。
久松なき後、同じ常滑で久松より厳しく管理されて作られています。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 2号かめ 味噌 梅干し常滑焼 漬物容器 日本製 2号かめ 味噌 梅干し5,44014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
常滑焼
商品説明
日本製、常滑焼のかめです。梅干し、味噌作りに最適です。
久松なき後、生産基準はかっての久松より厳しく、検査されています。
鉛・カドミウムなどの重金属を一切使っておりません。
耐酸性・耐水性にも優れています。
3.6リットル。味噌、梅干しが約2kgできます。直径227mm高さ220mm
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 5号かめ 味噌 梅干し常滑焼 漬物容器 日本製 5号かめ 味噌 梅干し8,64014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
常滑焼
商品説明
梅干し、味噌が約5kgできます。直径290mm高さ283mm
安心安心の日本製、常滑焼。
環境ホルモンが出ません。
久松なき後、同じ常滑で久松より厳しく管理されて作られています。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
久松 漬物容器 蓋付半胴瓶 2号 A19久松 漬物容器 蓋付半胴瓶 2号 A196,98014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
久松
商品説明
サイズ:径18×高さ22.5cm
個装重量:590g
素材・材質:陶器
製造国:日本
仕様:食洗機非対応 電子レンジ非対応 容量:3.6L
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
蓋付半胴瓶 5号蓋付半胴瓶 5号6,80014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
工房 百の手
サイズ
5号
商品説明
安全・安心 鉛・カドミウム検査合格品 (原産国:中国)
サイズ径27.5×31cm9リットル
梅の漬け方●材料(材料は容器1升(1.8l)を目安とした量です。・梅(熟した梅)・・・・1kg・梅用粗塩・・・・・・・200g(梅の重さの約20%)・焼酎・・・・・・・カップ1/4(約50cc)・赤じそ・・・・・・100~200g・赤じそ用粗塩(自然塩)・・・20~40g●容器と梅の量の割合容器容量青梅1.8l(1升)1kg3.6l(2升)2kg5.4l(3升)3kg7.4l(4升)4kgぬかみそ漬け「ぬか床の材料」・米ぬか・・・・・・1kg・粗塩・・・・・・120g・水・・・・・・カップ4・食パン6枚切・・・1枚・赤唐辛子・・・・2本・昆布・・・・・・約5cm・大根やカブの葉・・・適量・古いぬかみそ・・・・適量・きゅうり・なす・白うり・にんじん等「ぬか床づくり」※米ぬかは、栄養的にもおいしさからも新しいものを使い、あらかじめ良くふってゴミなどを取り除いてください。※容器はできるだけ蓋付のものがよく、使う前に消毒しておいてください。※3.6リットルを目安としています。
Amazon.co.jp通販ページへ
ヤマキイカイ 紅星窯 漬物容器 蓋付切立瓶 3号 A10 3688aoヤマキイカイ 紅星窯 漬物容器 蓋付切立瓶 3号 A10 3688ao2,58214:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
ヤマキイカイ
カラー
ブラウン
商品説明
サイズ:径23.5×高さ25cm
個装重量:760g
素材・材質:陶器
製造国:中国
仕様:食洗機非対応 電子レンジ非対応 容量:5.4L
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
久松 漬物容器 ミニ壷 0.2号(0.36リットル)日本製久松 漬物容器 ミニ壷 0.2号(0.36リットル)日本製1,68014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
久松
商品説明
キッチンで塩を入れるのに最適です。陶製の容器は塩がべたつきにくいです。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 8号かめ14.4リットル 味噌 梅干しに常滑焼 漬物容器 日本製 8号かめ14.4リットル 味噌 梅干しに13,98014:07時点 詳細はこちらレビューを見る
メーカー
常滑焼
商品説明
梅干し、味噌が約8kgできます。直径338mm高さ317mm
安心安心の日本製、常滑焼。
環境ホルモンが出ません。
久松なき後、同じ常滑で久松より厳しく管理されて作られています。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
久松たれ壷 梅漬け壷 5号 9L、切立て壷 生産終了品久松たれ壷 梅漬け壷 5号 9L、切立て壷 生産終了品10,620送料無料
ポイント
106 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 久松たれ壷梅漬け壷5号9L、切立て壷ステンレス巻ガラス蓋付アメ釉備長炭500g浄水竹炭5枚付生産終了品、希商品焼き鳥、焼き肉店ご家庭での御使用に!久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています !底に久松の刻印があります 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、味噌作りにもどうぞ!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
久松 青壷 6.4L ガラス蓋付 切立 おふくろ久松 青壷 6.4L ガラス蓋付 切立 おふくろ8,701送料無料
ポイント
87 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 久松青壷6.4Lガラス蓋付切立おふくろ残在庫希商品底に久松刻印あり!備長炭500g付久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています容器のオリジナル蓋による密閉度は重要です 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、梅干し漬けタレ壷味噌作りにどうぞ!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
たれ壷久松5号 9L、切立て壷 ステンレス巻ガラス蓋付、希少残在庫たれ壷久松5号 9L、切立て壷 ステンレス巻ガラス蓋付、希少残在庫10,620送料無料
ポイント
106 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 たれ壷久松5号9L、切立て壷ステンレス巻ガラス蓋付アメ釉生産終了品、希商品、浄水竹炭5枚付焼き鳥、焼き肉店ご家庭での御使用に!久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、梅干し漬け味噌作りにもどうぞ!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
久松壷 青壷 6.4L 切立 おふくろ ガラス蓋付 浄水竹炭5枚付久松壷 青壷 6.4L 切立 おふくろ ガラス蓋付 浄水竹炭5枚付8,701送料無料
ポイント
87 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 久松壷青壷6.4L切立おふくろガラス蓋付残在庫希商品底に久松刻印あり!浄水竹炭5枚付久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています容器オリジナル蓋による密閉度は重要です 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、梅干し漬けタレ壷にもどうぞ!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
青壷 久松壷 6.4L 切立 おふくろ ガラス蓋付 備長炭500g付青壷 久松壷 6.4L 切立 おふくろ ガラス蓋付 備長炭500g付8,701送料無料
ポイント
87 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 青壷久松壷6.4L切立おふくろガラス蓋付残在庫希商品底に久松刻印あり!備長炭500g付久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています容器オリジナル蓋による密閉度は重要です 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、梅干し漬けタレ壷にもどうぞ!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
梅干し 味噌壷 たれ壷 久松 5号 9L ガラス蓋付梅干し 味噌壷 たれ壷 久松 5号 9L ガラス蓋付10,620送料無料
ポイント
106 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 梅干し味噌壷たれ壷久松5号9L切立てステンレス巻ガラス蓋付アメ釉生産終了品、希商品、浄水竹炭5枚付焼き鳥、焼き肉店ご家庭での御使用に! 久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちしますらっきょ、梅干し漬け味噌作りたれ壷にも!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
久松、9L,5号、ガラス蓋久松、9L,5号、ガラス蓋10,620送料無料
ポイント
106 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 梅干し味噌壷たれ壷久松5号9L切立てステンレス巻ガラス蓋付アメ釉生産終了品、希商品、浄水竹炭5枚付焼き鳥、焼き肉店ご家庭での御使用に! 久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています 愛知県常滑市の久松のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちしますらっきょ、梅干し漬け味噌作りたれ壷にも!
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
タレ壷 とこ販製(国産) 8号 14.4L 切立 浄水竹炭5枚付タレ壷 とこ販製(国産) 8号 14.4L 切立 浄水竹炭5枚付23,000送料無料
ポイント
230 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
炭の専門ショップ 炭 備長炭 オガ炭 全国送料無料 たれ壷8号14.4L、タレ壺切立て生産終了品、希商品、浄水竹炭5枚付焼き鳥、焼き肉店等業務用に最適です!久松さんのオリジナル蓋オリジナル箱オリジナルパンフレットが付いています 愛知県常滑市のとこ鈑製(国産)のかめです良心的で高い技術を持っていた久松さんなのに廃業されてしまいました、とこ販さんが引き継ぎ今ある在庫のみの販売です大事に使って頂ければいつまでも長持ちします らっきょ、梅干し漬けにもどうぞ! タレ壷、(陶器製、)切立タイプ8号、14,4L タレ壷、(陶器製、)切立タイプ8号、14,4L
Yahoo!ショッピングきりしま興産通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 5号かめ 味噌 梅干し常滑焼 漬物容器 日本製 5号かめ 味噌 梅干し11,230送料無料
ポイント
112 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
梅干し、味噌が約5kgできます。直径290mm高さ283mm 安心安心の日本製、常滑焼。 環境ホルモンが出ません。 久松なき後、同じ常滑で久松より厳しく管理されて作られています。
Yahoo!ショッピングAimable価格を比較する通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 3号かめ5.4リットル 味噌 梅干しに常滑焼 漬物容器 日本製 3号かめ5.4リットル 味噌 梅干しに9,330送料無料
ポイント
93 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
梅干し、味噌が約3kgできます。直径247mm高さ245mm 安心安心の日本製、常滑焼。 環境ホルモンが出ません。 久松なき後、同じ常滑で久松より厳しく管理されて作られています。
Yahoo!ショッピングAimable価格を比較する通販ページへ
常滑焼 漬物容器 日本製 2号かめ 味噌 梅干し常滑焼 漬物容器 日本製 2号かめ 味噌 梅干し7,480送料無料
ポイント
74 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
日本製、常滑焼のかめです。梅干し、味噌作りに最適です。 久松なき後、生産基準はかっての久松より厳しく、検査されています。 鉛・カドミウムなどの重金属を一切使っておりません。 耐酸性・耐水性にも優れています。 3.6リットル。味噌、梅干しが約2kgできます。直径227mm高さ220mm
Yahoo!ショッピングAimable価格を比較する通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L (オリジナル)日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L (オリジナル)4,980
味噌造り・梅干造り・ぬか漬け・お漬け物は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm 久松製オトシ蓋もあります!  現行のかめはこちらから! 久松窯 オトシ蓋 1.8kg ブラック (天目釉) 久松窯 オトシ蓋 1.5kg ホワイト 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 2号 3.6L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 3号 5.4L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 5号 9.0L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 8号 14.4L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの☆キッチングッズ柳屋オリジナル!☆ 【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適!   人体に影響のあるものは、使わない・持ち込まない・触れさせない! 釉薬の発色を良くしたり融点を下げるのに使用される、「鉛」や「カドミウム」は体内に入ると消化や吸収・排泄されずに蓄積されていく「重金属」と呼ばれるもので、食品衛生法で安全基準値が定められている原料です。 これらの原料は例え製品に使用していなくても、使用している製品と同じ窯で焼き上げることによる付着は免れられません。 久松では、その鉛やカドミウムを製品にも一切使わないばかりか、「久松は食の安全を提案します」のスローガンの元、製造工場にも持ち込まないことで高い安全性を守り続けています。 「土」を使うことへのこだわり 「土」はかめなどの陶器製の漬物容器や落し蓋・重石などモトとなる一番大切で重要な原料の一つです。だからもちろん久松では「土」そのものにもこだわりを持っています。 常滑の土はもともと粘度(粘りけの度合い)に非常に優れ、よく焼き締まる性質を持っています。その土を使うことにより、「塩こし」の問題をも解決しています。 また、「土」は自然から取れる自然原料と呼ばれるものを使用しているので、環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 環境ホルモンなどという言葉も心配もなかった、大昔からのままの原料で作られる常滑焼製品は、現代では究極の安全性を持ち、究極のエコ製品とも言えます。「昔ながら」は安全の印なんです。 「釉薬(ゆうやく)」へのこだわり 釉薬というとあまり馴染みがありませんが、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分のことで、「うわぐすり」ともいいます。粘土で成型してそのまま焼いたものを「素焼き」と呼びますが、この状態だと水分を吸収しやすく、主に水分を含んだ食材を扱うかめには向いていません。そこで素焼きの器の表面にこの釉薬を掛けてもう一度焼くことによりそのガラス質が表面を覆い、耐水性が増します。 しかし、素焼きの器に釉薬を掛けてもう一度焼く時に、その釉薬は暖められてほんの若干ですが膨張します。久松では自社配合によりその膨張率を合せ、ほんの少しのヒビも割れも防いでいます。 「焼成窯」へのこだわり かめなどの漬物容器や落し蓋や重石などの製品を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる、焼き上げ用の窯です。陶器を生成する時の窯の中は約1100〜1300℃程の極めて高温の状態となります。 しっかりとムラなく焼き上げるには、この温度を一定に保ち隅々まで満遍なく熱を行き渡らせる必要があります。 久松の焼成窯は温度のバラツキがなく、均一にムラなく焼くことが出来るよう研究し造り上げられています。     「貫入」とは、焼き上げにムラがあったり、十分に焼き上がらないまま窯から出してしまったりして、生地や釉薬に水分が残っている状態で、膨張や伸縮が繰り返されると釉薬にひびが入ってしまい、ひどい場合には生地までひびが入り割れが起こってしまう現象です。貫入が入ると塩分や水分が外に漏れ出てしまう「塩こし」の原因となります。 久松の製品はこの「貫入」に対して、よく焼き締まる土を使用し、釉薬を自社配合による膨張率を調整しするなどして特に注意して製造にあたっています。 だから、久松の製品はヒビや割れが起きていない限り、絶対に貫入は致しません!     ●『かめ』で作ったものの美味しさは格別!● それは、「何となく」ではないんです。もちろんちゃんとした理由があります。 かめでお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作る時の主役は「乳酸菌」や「酵母菌」です。かめは釉薬が塗られていて、内側・外側共にツルツルしているので消毒がしやすく、これらの主役の菌をカビ菌などの悪い菌から守ってくれます。 さらに、土で出来た陶器は厚く作られていて、暖められにくく冷やされにくい性質を持っているので温度を一定に保つことが出来、「乳酸菌」や「酵母菌」が一番嫌う急激な温度変化から守ってくれます。 また、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を塗った陶器は酸や塩分に非常に強く、それらを多く含むお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作るのに最適の素材です。 なので、 「乳酸菌」や「酵母菌」は発酵時に余計な邪魔をされず、発酵のみに集中でき美味しい食品が出来上がるというわけです。 釉薬を塗ってあるので、お手入れも簡単でにおいも残りにくく、例えば味噌を造り終わったかめを洗えばお漬け物や梅干しなど他の用途にも安心して使用することが出来ます。 商品名 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L オリジナル 商品説明 冬の味噌造りから初夏の梅干し作り、ぬか床にらっきょう漬けなど、様々な日本の「味」をプロモーションする、ベテラン主婦愛用の正当派「かめ」です。美味しい「味」は信頼の日本製漬物容器から生まれます。 もちろん容器本体は「久松」が製造したものです! ---------- 残念ながら製造元の久松は廃業してしまいましたが、最後の一個までどうぞご愛顧下さい。 材質 容器:陶器(釉薬塗り) 蓋:国産ヒノキ 規格/サイズ 内口径180mm 外口径225mm 幅245mm 高さ235mm(蓋含む) 深さ210mm 重量3.4kg(容器3.0kg / 蓋0.4kg) 容器のみの高さ225mm 有効容量5.4L(満水容量:5.9L) ※陶器ですので若干の個体差がございます(上記表記は全て「約」です) メーカー/販売元 容器:常滑焼 久松窯 / 日本製 蓋:株式会社 めいじ屋 / 日本製 備考 【付属品】梅干し・味噌作り・ぬかみそレシピ ※かめの外側にスレがあることがございます。ご使用には問題がございませんので、何卒ご了承ください。 ※蓋について木目のご指定等はお受けできません。予めご了承ください。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L4,530
久松がお手本にした漬物容器、手作りの味が光る逸品!【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。  その他のサイズはこちらから! 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 1号 1.8L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 5号 9.0L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯後継品 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 手作り / 伝統的工芸品【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適! 今日、「伝統工芸品」という言葉はよく耳にします。しかし、ご存知でしょうか?「伝統工芸品」と「伝統的工芸品」には明確な違いがあります。 まず「伝統工芸品」ですが、長きにわたりその技術や技法などが何らかの基準を持って次から次へと受け継がれ、且つ現存している工芸品を差します。 そして「伝統的工芸品」とは、この伝統工芸品の中でも、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)」に基づき経済産業大臣から指定を受けたもののことを差します。 ※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条) 5つある指定基準を全てを満たしたもののみが「経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク」を表示することが許されます。 それに加え石見焼では、その窯元が「石見陶器工業協同組合」に属し、製品を「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」に出品し、厳正な審査に合格したもののみ「伝統的工芸品」としての表示を許されています。 これは、一度出品すればその窯元の全ての製品が認定されるわけではなく、製品一つ一つの単位で認定されるものとなっています。 当店では「伝統的工芸品」に認定されているもののみをお届けしています。 経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク 「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。 江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。 今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。 その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。 大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。 その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。 これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。 そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。 その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。 そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。 ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。 どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。 同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。 しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。 以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。 味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。 石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。 そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。 石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。 さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です) 江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 「昔ながら」は安全・安心の印なんです。 かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。 1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。 2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。 通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃〜1300℃にも達します。たかが50℃〜100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。 これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
【訳あり品です】 日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L (オリジナル)【訳あり品です】 日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L (オリジナル)4,300
味噌造り・梅干造り・ぬか漬け・お漬け物は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm 久松製オトシ蓋もあります!  現行のかめはこちらから! 久松窯 オトシ蓋 1.8kg ブラック (天目釉) 久松窯 オトシ蓋 1.5kg ホワイト 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 2号 3.6L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 3号 5.4L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 5号 9.0L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 8号 14.4L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの【訳あり品】   人体に影響のあるものは、使わない・持ち込まない・触れさせない! 釉薬の発色を良くしたり融点を下げるのに使用される、「鉛」や「カドミウム」は体内に入ると消化や吸収・排泄されずに蓄積されていく「重金属」と呼ばれるもので、食品衛生法で安全基準値が定められている原料です。 これらの原料は例え製品に使用していなくても、使用している製品と同じ窯で焼き上げることによる付着は免れられません。 久松では、その鉛やカドミウムを製品にも一切使わないばかりか、「久松は食の安全を提案します」のスローガンの元、製造工場にも持ち込まないことで高い安全性を守り続けています。 「土」を使うことへのこだわり 「土」はかめなどの陶器製の漬物容器や落し蓋・重石などモトとなる一番大切で重要な原料の一つです。だからもちろん久松では「土」そのものにもこだわりを持っています。 常滑の土はもともと粘度(粘りけの度合い)に非常に優れ、よく焼き締まる性質を持っています。その土を使うことにより、「塩こし」の問題をも解決しています。 また、「土」は自然から取れる自然原料と呼ばれるものを使用しているので、環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 環境ホルモンなどという言葉も心配もなかった、大昔からのままの原料で作られる常滑焼製品は、現代では究極の安全性を持ち、究極のエコ製品とも言えます。「昔ながら」は安全の印なんです。 「釉薬(ゆうやく)」へのこだわり 釉薬というとあまり馴染みがありませんが、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分のことで、「うわぐすり」ともいいます。粘土で成型してそのまま焼いたものを「素焼き」と呼びますが、この状態だと水分を吸収しやすく、主に水分を含んだ食材を扱うかめには向いていません。そこで素焼きの器の表面にこの釉薬を掛けてもう一度焼くことによりそのガラス質が表面を覆い、耐水性が増します。 しかし、素焼きの器に釉薬を掛けてもう一度焼く時に、その釉薬は暖められてほんの若干ですが膨張します。久松では自社配合によりその膨張率を合せ、ほんの少しのヒビも割れも防いでいます。 「焼成窯」へのこだわり かめなどの漬物容器や落し蓋や重石などの製品を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる、焼き上げ用の窯です。陶器を生成する時の窯の中は約1100〜1300℃程の極めて高温の状態となります。 しっかりとムラなく焼き上げるには、この温度を一定に保ち隅々まで満遍なく熱を行き渡らせる必要があります。 久松の焼成窯は温度のバラツキがなく、均一にムラなく焼くことが出来るよう研究し造り上げられています。     「貫入」とは、焼き上げにムラがあったり、十分に焼き上がらないまま窯から出してしまったりして、生地や釉薬に水分が残っている状態で、膨張や伸縮が繰り返されると釉薬にひびが入ってしまい、ひどい場合には生地までひびが入り割れが起こってしまう現象です。貫入が入ると塩分や水分が外に漏れ出てしまう「塩こし」の原因となります。 久松の製品はこの「貫入」に対して、よく焼き締まる土を使用し、釉薬を自社配合による膨張率を調整しするなどして特に注意して製造にあたっています。 だから、久松の製品はヒビや割れが起きていない限り、絶対に貫入は致しません!     ●『かめ』で作ったものの美味しさは格別!● それは、「何となく」ではないんです。もちろんちゃんとした理由があります。 かめでお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作る時の主役は「乳酸菌」や「酵母菌」です。かめは釉薬が塗られていて、内側・外側共にツルツルしているので消毒がしやすく、これらの主役の菌をカビ菌などの悪い菌から守ってくれます。 さらに、土で出来た陶器は厚く作られていて、暖められにくく冷やされにくい性質を持っているので温度を一定に保つことが出来、「乳酸菌」や「酵母菌」が一番嫌う急激な温度変化から守ってくれます。 また、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を塗った陶器は酸や塩分に非常に強く、それらを多く含むお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作るのに最適の素材です。 なので、 「乳酸菌」や「酵母菌」は発酵時に余計な邪魔をされず、発酵のみに集中でき美味しい食品が出来上がるというわけです。 釉薬を塗ってあるので、お手入れも簡単でにおいも残りにくく、例えば味噌を造り終わったかめを洗えばお漬け物や梅干しなど他の用途にも安心して使用することが出来ます。 商品名 【訳あり品】 常滑焼 久松窯 かめ 丸壷 国産ひのき蓋付 3号 5.4L オリジナル 商品説明 冬の味噌造りから初夏の梅干し作り、ぬか床にらっきょう漬けなど、様々な日本の「味」をプロモーションする、ベテラン主婦愛用の正当派「かめ」です。美味しい「味」は信頼の日本製漬物容器から生まれます。 もちろん容器本体は「久松」が製造したものです! 材質 容器:陶器(釉薬塗り) 蓋:国産ヒノキ 規格/サイズ 内口径180mm 外口径225mm 幅245mm 高さ235mm(蓋含む) 深さ210mm 重量3.4kg(容器3.0kg / 蓋0.4kg) 容器のみの高さ225mm 有効容量5.4L(満水容量:5.9L) ※陶器ですので若干の個体差がございます(上記表記は全て「約」です) メーカー/販売元 容器:常滑焼 久松窯 / 日本製 蓋:株式会社 めいじ屋 / 日本製 備考 【付属品】梅干し・味噌作り・ぬかみそレシピ ※蓋について木目のご指定等はお受けできません。予めご了承ください。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L 野菜畑日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L 野菜畑4,750
野菜の絵の付いた可愛い漬物容器!ガラス蓋なので蓋をしたまま中身を確認出来ます!ぬか漬けや浅漬け等に最適!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm 久松製オトシ蓋もあります!  現行のかめはこちらから! 久松窯 オトシ蓋 1.5kg ホワイト 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 2号 3.6L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 3号 5.4L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 5号 9.0L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 8号 14.4L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 重石 / おもし【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適!     人体に影響のあるものは、使わない・持ち込まない・触れさせない! 釉薬の発色を良くしたり融点を下げるのに使用される、「鉛」や「カドミウム」は体内に入ると消化や吸収・排泄されずに蓄積されていく「重金属」と呼ばれるもので、食品衛生法で安全基準値が定められている原料です。 これらの原料は例え製品に使用していなくても、使用している製品と同じ窯で焼き上げることによる付着は免れられません。 久松では、その鉛やカドミウムを製品にも一切使わないばかりか、「久松は食の安全を提案します」のスローガンの元、製造工場にも持ち込まないことで高い安全性を守り続けています。 「土」を使うことへのこだわり 「土」はかめなどの陶器製の漬物容器や落し蓋・重石などモトとなる一番大切で重要な原料の一つです。だからもちろん久松では「土」そのものにもこだわりを持っています。 常滑の土はもともと粘度(粘りけの度合い)に非常に優れ、よく焼き締まる性質を持っています。その土を使うことにより、「塩こし」の問題をも解決しています。 また、「土」は自然から取れる自然原料と呼ばれるものを使用しているので、環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 環境ホルモンなどという言葉も心配もなかった、大昔からのままの原料で作られる常滑焼製品は、現代では究極の安全性を持ち、究極のエコ製品とも言えます。「昔ながら」は安全の印なんです。 「釉薬(ゆうやく)」へのこだわり 釉薬というとあまり馴染みがありませんが、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分のことで、「うわぐすり」ともいいます。粘土で成型してそのまま焼いたものを「素焼き」と呼びますが、この状態だと水分を吸収しやすく、主に水分を含んだ食材を扱うかめには向いていません。そこで素焼きの器の表面にこの釉薬を掛けてもう一度焼くことによりそのガラス質が表面を覆い、耐水性が増します。 しかし、素焼きの器に釉薬を掛けてもう一度焼く時に、その釉薬は暖められてほんの若干ですが膨張します。久松では自社配合によりその膨張率を合せ、ほんの少しのヒビも割れも防いでいます。 「焼成窯」へのこだわり かめなどの漬物容器や落し蓋や重石などの製品を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる、焼き上げ用の窯です。陶器を生成する時の窯の中は約1100〜1300℃程の極めて高温の状態となります。 しっかりとムラなく焼き上げるには、この温度を一定に保ち隅々まで満遍なく熱を行き渡らせる必要があります。 久松の焼成窯は温度のバラツキがなく、均一にムラなく焼くことが出来るよう研究し造り上げられています。     「貫入」とは、焼き上げにムラがあったり、十分に焼き上がらないまま窯から出してしまったりして、生地や釉薬に水分が残っている状態で、膨張や伸縮が繰り返されると釉薬にひびが入ってしまい、ひどい場合には生地までひびが入り割れが起こってしまう現象です。貫入が入ると塩分や水分が外に漏れ出てしまう「塩こし」の原因となります。 久松の製品はこの「貫入」に対して、よく焼き締まる土を使用し、釉薬を自社配合による膨張率を調整しするなどして特に注意して製造にあたっています。 だから、久松の製品はヒビや割れが起きていない限り、絶対に貫入は致しません!     ●『かめ』で作ったものの美味しさは格別!● それは、「何となく」ではないんです。もちろんちゃんとした理由があります。 かめでお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作る時の主役は「乳酸菌」や「酵母菌」です。かめは釉薬が塗られていて、内側・外側共にツルツルしているので消毒がしやすく、これらの主役の菌をカビ菌などの悪い菌から守ってくれます。 さらに、土で出来た陶器は厚く作られていて、暖められにくく冷やされにくい性質を持っているので温度を一定に保つことが出来、「乳酸菌」や「酵母菌」が一番嫌う急激な温度変化から守ってくれます。 また、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を塗った陶器は酸や塩分に非常に強く、それらを多く含むお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作るのに最適の素材です。 なので、 「乳酸菌」や「酵母菌」は発酵時に余計な邪魔をされず、発酵のみに集中でき美味しい食品が出来上がるというわけです。 釉薬を塗ってあるので、お手入れも簡単でにおいも残りにくく、例えば味噌を造り終わったかめを洗えばお漬け物や梅干しなど他の用途にも安心して使用することが出来ます。 商品名 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L 野菜畑 商品説明 冬の味噌造りから初夏の梅干し作り、ぬか床にらっきょう漬けなど、様々な日本の「味」をプロモーションする、ベテラン主婦愛用の正当派「かめ」です。ガラス蓋付の本商品は蓋をしたまま中身を確認出来るので、漬けている内に水の出るぬか漬けや浅漬け等に特に適しています。 材質 容器:陶器(釉薬塗り) 蓋:ガラス 規格/サイズ 内口径215mm 外口径250mm 幅250mm 高さ215mm(蓋含む) 容器のみの高さ160mm 重量3.3kg(容器2.8kg / 蓋0.5kg) 深さ150mm 有効容量4.4L(満水容量:5.0L) ※陶器ですので若干の個体差がございます(上記表記は全て「約」です) メーカー/販売元 常滑焼 久松窯 / 日本製 備考 【用途(目安)】味噌:出来上がり5.3kg / 梅干し:青梅2.5kg / ぬか床:3〜4kg 【付属品】梅干し・味噌作り・ぬかみそレシピ ※かめの外側にスレがあることがございます。ご使用には問題がございませんので、何卒ご了承ください。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
常滑焼 久松窯 かめ 丸壺 5号用蓋のみ ホワイト常滑焼 久松窯 かめ 丸壺 5号用蓋のみ ホワイト2,430
商品名 常滑焼 久松 かめ 丸壺 5号用蓋のみ ホワイト 商品説明 蓋のみの販売です。破損時や他色の代用品としてご利用ください。 材質 陶器(釉薬塗り) 規格/サイズ 直径:272mm 久松丸壺かめ5号ホワイト用 ※アメ釉(茶色)のかめにもご使用頂けます。 メーカー/販売元 常滑焼 久松窯 / 日本製 備考  
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L オリジナル野菜柄日本製 陶器製 漬物容器 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L オリジナル野菜柄4,750送料無料
ガラス蓋なので蓋をしたまま中身を確認出来ます!ぬか漬けや浅漬け等に最適!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm 久松製オトシ蓋もあります!  現行のかめはこちらから! 久松窯 オトシ蓋 1.5kg ホワイト 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 2号 3.6L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 3号 5.4L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 5号 9.0L 【日本製】 常滑焼 陶器製 漬物容器 かめ 8号 14.4L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 重石 / おもし【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適!     人体に影響のあるものは、使わない・持ち込まない・触れさせない! 釉薬の発色を良くしたり融点を下げるのに使用される、「鉛」や「カドミウム」は体内に入ると消化や吸収・排泄されずに蓄積されていく「重金属」と呼ばれるもので、食品衛生法で安全基準値が定められている原料です。 これらの原料は例え製品に使用していなくても、使用している製品と同じ窯で焼き上げることによる付着は免れられません。 久松では、その鉛やカドミウムを製品にも一切使わないばかりか、「久松は食の安全を提案します」のスローガンの元、製造工場にも持ち込まないことで高い安全性を守り続けています。 「土」を使うことへのこだわり 「土」はかめなどの陶器製の漬物容器や落し蓋・重石などモトとなる一番大切で重要な原料の一つです。だからもちろん久松では「土」そのものにもこだわりを持っています。 常滑の土はもともと粘度(粘りけの度合い)に非常に優れ、よく焼き締まる性質を持っています。その土を使うことにより、「塩こし」の問題をも解決しています。 また、「土」は自然から取れる自然原料と呼ばれるものを使用しているので、環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 環境ホルモンなどという言葉も心配もなかった、大昔からのままの原料で作られる常滑焼製品は、現代では究極の安全性を持ち、究極のエコ製品とも言えます。「昔ながら」は安全の印なんです。 「釉薬(ゆうやく)」へのこだわり 釉薬というとあまり馴染みがありませんが、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分のことで、「うわぐすり」ともいいます。粘土で成型してそのまま焼いたものを「素焼き」と呼びますが、この状態だと水分を吸収しやすく、主に水分を含んだ食材を扱うかめには向いていません。そこで素焼きの器の表面にこの釉薬を掛けてもう一度焼くことによりそのガラス質が表面を覆い、耐水性が増します。 しかし、素焼きの器に釉薬を掛けてもう一度焼く時に、その釉薬は暖められてほんの若干ですが膨張します。久松では自社配合によりその膨張率を合せ、ほんの少しのヒビも割れも防いでいます。 「焼成窯」へのこだわり かめなどの漬物容器や落し蓋や重石などの製品を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる、焼き上げ用の窯です。陶器を生成する時の窯の中は約1100〜1300℃程の極めて高温の状態となります。 しっかりとムラなく焼き上げるには、この温度を一定に保ち隅々まで満遍なく熱を行き渡らせる必要があります。 久松の焼成窯は温度のバラツキがなく、均一にムラなく焼くことが出来るよう研究し造り上げられています。     「貫入」とは、焼き上げにムラがあったり、十分に焼き上がらないまま窯から出してしまったりして、生地や釉薬に水分が残っている状態で、膨張や伸縮が繰り返されると釉薬にひびが入ってしまい、ひどい場合には生地までひびが入り割れが起こってしまう現象です。貫入が入ると塩分や水分が外に漏れ出てしまう「塩こし」の原因となります。 久松の製品はこの「貫入」に対して、よく焼き締まる土を使用し、釉薬を自社配合による膨張率を調整しするなどして特に注意して製造にあたっています。 だから、久松の製品はヒビや割れが起きていない限り、絶対に貫入は致しません!     ●『かめ』で作ったものの美味しさは格別!● それは、「何となく」ではないんです。もちろんちゃんとした理由があります。 かめでお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作る時の主役は「乳酸菌」や「酵母菌」です。かめは釉薬が塗られていて、内側・外側共にツルツルしているので消毒がしやすく、これらの主役の菌をカビ菌などの悪い菌から守ってくれます。 さらに、土で出来た陶器は厚く作られていて、暖められにくく冷やされにくい性質を持っているので温度を一定に保つことが出来、「乳酸菌」や「酵母菌」が一番嫌う急激な温度変化から守ってくれます。 また、釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を塗った陶器は酸や塩分に非常に強く、それらを多く含むお漬け物や味噌・梅干し・ぬか漬けなどを作るのに最適の素材です。 なので、 「乳酸菌」や「酵母菌」は発酵時に余計な邪魔をされず、発酵のみに集中でき美味しい食品が出来上がるというわけです。 釉薬を塗ってあるので、お手入れも簡単でにおいも残りにくく、例えば味噌を造り終わったかめを洗えばお漬け物や梅干しなど他の用途にも安心して使用することが出来ます。 商品名 常滑焼 久松窯 かめ 漬けませんか ガラス蓋付 4.4L オリジナル野菜柄 商品説明 冬の味噌造りから初夏の梅干し作り、ぬか床にらっきょう漬けなど、様々な日本の「味」をプロモーションする、ベテラン主婦愛用の正当派「かめ」です。ガラス蓋付の本商品は蓋をしたまま中身を確認出来るので、漬けている内に水の出るぬか漬けや浅漬け等に特に適しています。 材質 容器:陶器(釉薬塗り) 蓋:ガラス 規格/サイズ 内口径215mm 外口径250mm 幅250mm 高さ215mm(蓋含む) 容器のみの高さ160mm 重量3.3kg(容器2.8kg / 蓋0.5kg) 深さ150mm 有効容量4.4L(満水容量:5.0L) ※陶器ですので若干の個体差がございます(上記表記は全て「約」です) メーカー/販売元 常滑焼 久松窯 / 日本製 備考 【用途(目安)】味噌:出来上がり5.3kg / 梅干し:青梅2.5kg / ぬか床:3〜4kg 【付属品】梅干し・味噌作り・ぬかみそレシピ ※かめの外側にスレがあることがございます。ご使用には問題がございませんので、何卒ご了承ください。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L3,180
久松がお手本にした漬物容器、手作りの味が光る逸品!【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 対応なし 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 対応なし  その他のサイズはこちらから! 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 1号 1.8L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 5号 9.0L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯後継品 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 手作り / 伝統的工芸品【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適! 今日、「伝統工芸品」という言葉はよく耳にします。しかし、ご存知でしょうか?「伝統工芸品」と「伝統的工芸品」には明確な違いがあります。 まず「伝統工芸品」ですが、長きにわたりその技術や技法などが何らかの基準を持って次から次へと受け継がれ、且つ現存している工芸品を差します。 そして「伝統的工芸品」とは、この伝統工芸品の中でも、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)」に基づき経済産業大臣から指定を受けたもののことを差します。 ※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条) 5つある指定基準を全てを満たしたもののみが「経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク」を表示することが許されます。 それに加え石見焼では、その窯元が「石見陶器工業協同組合」に属し、製品を「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」に出品し、厳正な審査に合格したもののみ「伝統的工芸品」としての表示を許されています。 これは、一度出品すればその窯元の全ての製品が認定されるわけではなく、製品一つ一つの単位で認定されるものとなっています。 当店では「伝統的工芸品」に認定されているもののみをお届けしています。 経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク 「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。 江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。 今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。 その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。 大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。 その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。 これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。 そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。 その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。 そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。 ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。 どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。 同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。 しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。 以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。 味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。 石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。 そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。 石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。 さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です) 江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 「昔ながら」は安全・安心の印なんです。 かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。 1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。 2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。 通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃〜1300℃にも達します。たかが50℃〜100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。 これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L5,880
久松がお手本にした漬物容器、手作りの味が光る逸品!【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 対応なし 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 対応なし  その他のサイズはこちらから! 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 1号 1.8L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 5号 9.0L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯後継品 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 手作り / 伝統的工芸品【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適! 今日、「伝統工芸品」という言葉はよく耳にします。しかし、ご存知でしょうか?「伝統工芸品」と「伝統的工芸品」には明確な違いがあります。 まず「伝統工芸品」ですが、長きにわたりその技術や技法などが何らかの基準を持って次から次へと受け継がれ、且つ現存している工芸品を差します。 そして「伝統的工芸品」とは、この伝統工芸品の中でも、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)」に基づき経済産業大臣から指定を受けたもののことを差します。 ※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条) 5つある指定基準を全てを満たしたもののみが「経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク」を表示することが許されます。 それに加え石見焼では、その窯元が「石見陶器工業協同組合」に属し、製品を「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」に出品し、厳正な審査に合格したもののみ「伝統的工芸品」としての表示を許されています。 これは、一度出品すればその窯元の全ての製品が認定されるわけではなく、製品一つ一つの単位で認定されるものとなっています。 当店では「伝統的工芸品」に認定されているもののみをお届けしています。 経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク 「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。 江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。 今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。 その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。 大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。 その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。 これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。 そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。 その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。 そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。 ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。 どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。 同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。 しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。 以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。 味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。 石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。 そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。 石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。 さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です) 江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 「昔ながら」は安全・安心の印なんです。 かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。 1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。 2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。 通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃〜1300℃にも達します。たかが50℃〜100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。 これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L5,880
久松がお手本にした漬物容器、手作りの味が光る逸品!【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。  その他のサイズはこちらから! 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 1号 1.8L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 5号 9.0L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯後継品 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 手作り / 伝統的工芸品【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適! 今日、「伝統工芸品」という言葉はよく耳にします。しかし、ご存知でしょうか?「伝統工芸品」と「伝統的工芸品」には明確な違いがあります。 まず「伝統工芸品」ですが、長きにわたりその技術や技法などが何らかの基準を持って次から次へと受け継がれ、且つ現存している工芸品を差します。 そして「伝統的工芸品」とは、この伝統工芸品の中でも、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)」に基づき経済産業大臣から指定を受けたもののことを差します。 ※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条) 5つある指定基準を全てを満たしたもののみが「経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク」を表示することが許されます。 それに加え石見焼では、その窯元が「石見陶器工業協同組合」に属し、製品を「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」に出品し、厳正な審査に合格したもののみ「伝統的工芸品」としての表示を許されています。 これは、一度出品すればその窯元の全ての製品が認定されるわけではなく、製品一つ一つの単位で認定されるものとなっています。 当店では「伝統的工芸品」に認定されているもののみをお届けしています。 経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク 「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。 江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。 今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。 その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。 大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。 その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。 これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。 そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。 その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。 そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。 ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。 どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。 同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。 しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。 以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。 味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。 石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。 そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。 石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。 さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です) 江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 「昔ながら」は安全・安心の印なんです。 かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。 1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。 2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。 通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃〜1300℃にも達します。たかが50℃〜100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。 これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L日本製 陶器製 漬物容器 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L7,770
久松がお手本にした漬物容器、手作りの味が光る逸品!【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】は信頼の日本製漬物容器で!  このかめに合う【オトシ蓋】と【木製押し蓋】はコチラ! 【日本製】 常滑焼 開洋製陶 オトシ蓋 1.0kg / 1.5kg かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。 【日本製】 木製 漬物用 押し蓋 16cm / 18cm / 21cm かめに個体差があるため、かめと同時にお買上げ頂いた場合、 当店にて適合確認を行い、適合しない場合にはご連絡致します。  その他のサイズはこちらから! 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 1号 1.8L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 2号 3.6L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 切立蓋付 5号 9.0L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 0.8号 1.44L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 3号 5.4L 石見焼 吉田製陶所 かめ 丸壷蓋付 5号 9.0L キーワード 漬け物容器 / お漬物容器 / お漬け物容器 / ぬか漬け / 糠漬 / 糠漬け / 味噌 / みそ / 保存容器 / 陶器 / 梅干し / 梅干 / うめ / 久松窯後継品 / 梅干し用 / 味噌用 / 漬け物用 / つけものようき / つけもの / 手作り / 伝統的工芸品【味噌造り】【梅干造り】【ぬか漬け】【お漬け物】に最適! 今日、「伝統工芸品」という言葉はよく耳にします。しかし、ご存知でしょうか?「伝統工芸品」と「伝統的工芸品」には明確な違いがあります。 まず「伝統工芸品」ですが、長きにわたりその技術や技法などが何らかの基準を持って次から次へと受け継がれ、且つ現存している工芸品を差します。 そして「伝統的工芸品」とは、この伝統工芸品の中でも、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)」に基づき経済産業大臣から指定を受けたもののことを差します。 ※「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」についてはコチラ(指定基準は第二条) 5つある指定基準を全てを満たしたもののみが「経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク」を表示することが許されます。 それに加え石見焼では、その窯元が「石見陶器工業協同組合」に属し、製品を「伝統的工芸品『石見焼』検査委員会」に出品し、厳正な審査に合格したもののみ「伝統的工芸品」としての表示を許されています。 これは、一度出品すればその窯元の全ての製品が認定されるわけではなく、製品一つ一つの単位で認定されるものとなっています。 当店では「伝統的工芸品」に認定されているもののみをお届けしています。 経済産業大臣指定伝統的工芸品マーク 「石見焼」とは、良質の陶土地帯(都野津層)である島根県江津市や浜田市を中心として生産される焼き物の総称です。 江戸時代中期(1763年)に周防国岩国藩(現在の山口県付近)より製法が伝えられ、1780年代に備前国(現在の岡山県付近)の陶工により大物陶器の製法が伝授され、水を保存しておくための「水瓶(みずがめ)」等が生産されるようになりました。 今と違って水道が無かった時代では、溜めた水を保存しておける大きなかめはどの家庭でも必需品でした。 江戸時代末期には当時の藩の家老が陶器生産を奨励したため窯数も増加し、一大の水瓶産地となっていきました。 その頃には航路での運搬が確立され北海道から九州まで販路が伸び、「石見のハンドウ」と言う名で一躍全国にその名が広まり、親しまれていました。 大正時代中期頃からは大物陶器だけでなく茶器や鉢など製品が多様化し、鉄道山陰本線に開通により販路はさらに広がりを見せ、昭和初期にかけての全盛期を迎えます。 その後日本は第二次世界大戦からの高度経済成長期を迎え、上水道の整備・プラスチック容器の普及により、かつて必需品として重宝された「石見のハンドウ」は影を潜めるようになりました。 これにより多くの窯元は大きな打撃を受け、最盛期には100軒もあったと言われる窯元も次々と転廃業を余儀なくされました。 そんな厳しい状況下でも市場のニーズに応えるべく、尽力した窯元があります。今回ご紹介している「かめ」の窯元である、「吉田製陶所」もその一つです。 その甲斐あってか石見焼は平成6年4月に「伝統的工芸品」の指定を受けました。 そして現在、石見焼は手作りの素朴な風合いと、伝統を活かした確かな品質の焼き物として見直され、多くの方に高く評価を得ています。 ステンレス・アルミなどの金属品や、安価で扱いも手軽なプラスチック製品などが台頭し、オートメーションでの製造により全ての製品の形・サイズなど全く同じものが普及するこの時代に、完全手作りの陶器製のかめは、もしかすると受け入れて貰えないかもしれません。 どんなに熟練した職人でも、原料の土をこねるところから成型まで全て完全手作業で、さらに焼成(窯に入れて焼くこと)工程もある陶器製のかめの"精密さ"には限界があります。 同じ形状の同じサイズの製品でも、目に見えるほどの個体差があります。口の部分(容器本体上部)の水平を測ってもキッチリ真っ直ぐではない場合があります。重さにも個体差があります。 しかし、それでも伝統的工芸品の石見焼のかめは、きっと最高の漬物容器として受け入れられるものと私達は確信しています。 以前多種取り扱っていた「久松窯」のかめは、この石見焼をお手本にして作られていました。もちろん品質はお墨付きです。 味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を作る時に必ずついて回るのが水分と塩分です。したがって漬物容器には「耐水性」と「耐酸性」が強く求められます。 石見焼ではその地域で採掘したもともと耐酸性に優れた「陶土」を細かく砕き、水と混ぜて撹拌(かくはん)し、粒子の細かいもののみを取り出し使用しています。土の粒子は細かければ細かいほど焼成時に良く焼き締まり、より強固なものとなります。 そうなると水分や塩分を吸収しにくくなり「耐水性」「耐酸性」が格段に向上するばかりか、温度変化にも強くなります。 石見焼のかめは「耐水性」と「耐酸性」に非常に優れているため塩こし・貫入が起こる事がなく、なるべく一定の温度で熟成させる事が好ましい味噌や梅干し・ぬか漬け・お漬物を温度変化から守ってくれるので、漬物容器としては抜群の力を発揮します。 さらに表面には釉薬(ゆうやく:「うわぐすり」とも言います)が掛けられ、ツルツルとしたガラス質になっているので、その部分に関してはまったくと言っていいほど水分や塩分が染みることはありません。(釉薬は人体には無害です) 江戸時代からのままの原料・技法で作られる石見焼のかめは、高い安全性と機能性を持ち、もちろん環境ホルモンなどの化学有害物質とは無縁です。 「昔ながら」は安全・安心の印なんです。 かめなどの漬物容器を作る時に、その善し悪しを決める重要な役割を担うのが「焼成窯」と呼ばれる焼き上げ用の窯で、中は極めて高温の状態となります。石見焼のかめはその焼成窯で2度焼きます。 1度目は「素焼き」です。「素焼き」とは轆轤(ろくろ)での成型後に乾燥させたものを窯に入れ焼く作業のことを指します。この時の温度は約800℃前後となります。 2度目は「本焼き」と言い、素焼きの後釉薬を塗ったものを窯に入れ、素地を焼くと共に釉薬をしっかりと定着させる役割を担っています。この時に窯の温度が低いとしっかりと土を焼き締めることが出来ず、貫入・塩こしの原因となります。 通常本焼きの窯の温度は1200℃ほどですが石見焼でのこの本焼きの温度は約1250℃〜1300℃にも達します。たかが50℃〜100℃の違いですが、この違いが善し悪しを決める重要なラインだと言われています。 これら2度の焼成により、そして高温で焼くため磁器に近い素地となり品質を高めています。
楽天市場キッチングッズ柳屋 楽天市場店通販ページへ
久松 丸かめフタ 32号久松 丸かめフタ 32号3,240
サイズ (約)直径48cm×高さ8cm 材質 陶器(常滑焼) 容量 重量 約8.8kg 表示者 株式会社久松 生産国 日本※注意! この商品には小さな黒点(鉄粉)・小さな空気穴(ピンホール)・小さな突起がある場合がございます。ご使用に支障はございません。使用に問題ないものは返品・交換の対象とはなりません。
楽天市場よろづや百貨通販ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトからお探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探したりすることができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターWEB SERVICE BY DMM.comAmazon.co.jp アソシエイト
ページトップへ
はてなブックマークに追加